バーチャルピンホール定規
バーチャルピンホール定規 

Makuakeにてクラウドファンディングスタート!!



孔のあいていない!? ピンホールメガネ付き定規

実用新案登録済み(登録第3212792号)
商標出願済み(商願2017-71566)

バーチャルピンホール定規
【バーチャルピンホール定規】


バーチャルピンホール使用例
【バーチャルピンホール定規 使用イメージ】
※試作品につき、実際の製品とは孔の位置やサイズが異なります。


「バーチャルピンホール定規とは?」

こんな悩み。ありませんか?

 ・たまに目を細めてしまう。
   ・黒板やスライドの小さな文字が・・・
 ・うっかりメガネを忘れてしまった。
 ・コンタクトがずれて外したけど、今すぐにはつけれない。
 ・メガネが合わなくなってきたけど、すぐに新調するのもなぁ・・・

そんな時、筆箱からサッと取り出して使えるアイテムがあったら・・・。
そこで開発したのが、このバーチャルピンホール定規です。



バーチャルピンホール定規
※試作品につき、実際の製品とは孔の位置やサイズ、色が異なります。

ピンホール原理とは

見たいものが見えにくい場合、目を細めることによってハッキリと見えることがあります。
簡単に言うと、これがピンホール原理です。

次の図は、正視(目が良い状態)、近視、遠視、ピンホール(小さな孔)を通して見た場合における、目の状態を表したものです。

目のイラスト

目から入った光は、水晶体によって、このように屈折(曲がり)します。

正視(目が良い状態)は、目の奥の網膜部分にちょうど屈折した光が集まるようになっています。

近視や遠視の場合、目の中に入った光は図のようになります。
まさに、「ピントがずれた」状態です。

しかし、ピンホール(小さな孔)を通して見た場合、目に入ってくる光の範囲が制限されるため、図のように正視に近い状態となり、ハッキリ見えるようになるのです。


バーチャルピンホール定規の特徴

①バーチャルピンホール(仮想孔)搭載
・ バーチャルピンホール定規の最大のポイントは孔が開いていないことです。バーチャルピンホール定規で孔のように見える部分は、プリントによって形成されたバーチャルピンホール(仮想孔)です。
  実用新案登録済み(登録第3212792号)
  商標出願済み(商願2017-71566)

・バーチャルピンホールにより、普段は定規として違和感なく使用できます。
・物理的な孔が開いていないため、定規の強度が保たれています。

 

②フレームレス
・フレームレスのため、裸眼やコンタクトはもちろん、メガネの上からも使用できます。
・フレームレスのため、フリーサイズです。子供~大人まで使用できます。
・かさばらない定規型なので、筆箱等に入れ、常時携帯することができます。


③サイズの違う複数のバーチャルピンホール(仮想孔)
・サイズの異なる2種類のバーチャルピンホール(仮想孔)を設けました。
通常は大きい孔がおすすめですが、野外や明るい部屋、モニターやプロジェクター等の発光体の場合は、小さい孔をお試しください。

 

④透明度が高く、傷がつきにくいメタクリル樹脂を採用
・メタクリル樹脂はガラスよりも透明度が高く、傷がつきにくい特性を持つため、水族館での巨大水槽や、戦闘機のキャノピー等に用いられています。
バーチャルピンホール定規は、このメタクリル樹脂で作られています。


バーチャルピンホール定規説明3
※サイズ:約16㎝×4㎝×2㎜ 携帯に優れ、実用的なサイズです。


P8180492


バーチャルピンホール定規 開発の道のり
2017年2月:定規にピンホールメガネを組み合わせることを思いつき、開発開始
2017年3月:試作を重ねるうちに、バーチャルピンホールの考案へと至る
2017年5月:実用新案・商標出願
2017年6月:製品レベルでの試作を開始、アンケートを実施
2017年7月:アンケートの結果を踏まえ、さらに改良を実施
2017年8月:試作品の最終版が完成
2017年9月:実用新案登録

バーチャルピンホール定規 孔のテスト用
 【試作品の例:孔のサイズテスト用】


Q&A
Q.バーチャルピンホール定規を使うと、どのくらい見えるようになりますか?

A.バーチャルピンホール定規は、レンズ付きメガネのような医療機器ではないため、どのくらい見えると決まっているものではありません。
また、使用者の状態や、部屋の明暗によって異なります。
市販されている一般的なピンホール眼鏡と同程度とお考えください。

また、大体の目安は次のような方法で確認できます。

光を通しにくい黒い紙などに、小さく1㎜程度の孔をあけて、孔からのぞいてご確認ください。
離れた位置にあるカレンダーやパソコンの文字等は、違いがわかりやすいと思います。
バーチャルピンホール定規には複数の孔があり、孔の周りの遮光性も優れていることから、実際にはもう少しハッキリすると思います。

Q.表裏はありますか?
A.白いほうを外側にした方が光の反射が抑えられ、よりハッキリすると思います。
ただし、そこまで大きな差はないので、お好みに応じて使い分けください。

Q.子供や年配の方でも使用できますか?
A.定規全体にバーチャルピンホールを幅広く配置しているので、子供から大人まで、年齢に関係なくご使用いただけます。小学生からの使用を想定して開発しております。


バーチャルピンホール定規 使用例 small
※試作品につき、実際の製品とは孔の位置やサイズが異なります。


バーチャルピンホール定規 small2
※試作品につき、実際の製品とは孔の位置やサイズが異なります。

バーチャルピンホール定規
※試作品につき、実際の製品とは孔の位置やサイズが異なります。

使用上の注意

★バーチャルピンホール定規は、レンズ付きメガネのような医療機器ではありません。
★バーチャルピンホール定規に視力自体の改善効果はありません。
★ピンホール原理は、視力の良い方や適正に矯正されている視力に対しては、効果がないとされています。
★バーチャルピンホール定規は双眼鏡や望遠鏡のように、遠くを見るためのものではありません。
★見たものが複数に見えることがありますが、これはピンホールメガネとしての特性です。ご了承ください。
★メガネの上から使用される場合は、メガネのレンズが傷つかないように、ご注意ください。
★使用しながらの移動や運動は危険ですので、おやめください。
★連続して長時間のご使用はおやめください。

P8180467