熱伝導率調整器具の特許を利用してティーポットやピッチャーを作った場合、再度冷蔵庫に入れて冷やすことのできる保冷式のティーポットやピッチャーを作ることができます!



保冷機能のない通常のティーポットやピッチャーの場合、食事中テーブルの上に出している間に、飲料がどんどんぬるくなってしまいます。

本発明を用いてティーポットやピッチャーを作成した場合、魔法瓶状態(低熱伝導率状態)にすることより、食事の最後まで冷たい飲料を供給できるだけでなく、飲料が温まることにより腐ってしまうリスクを軽減することができます。

そして既存の保冷式の容器と異なり、食事後は通常容器状態(高熱伝導率状態)に切り替えることにより、再度冷蔵庫に入れてそのまま冷やすことができます。