必要な時だけ熱を取り出して温まれる。
熱伝導率調整器具の特許を用いると、そんな湯たんぽやカイロの開発が可能です!




低熱伝導率状態(保温状態)のまま置いておき、必要な時のみだけ、高熱伝導率状態に切り替えることにより、温まることができる湯たんぽやカイロとして利用できます。

必要なときのみ放熱できるので、常時放熱する器具に比べて長持ちするといったメリットがあります。

断続的な冷凍庫内作業のような、特殊環境での利用が考えられます。